人気ブログランキング |
2007年 06月 25日
イヤホンの買い替え
外出のお供ハードディスクウォークマン(SONY NW-HD5H)で使用中のお気に入りイヤホン(SONY NUDE EX MDR-EX71SL)がヘナヘナ気味なので
思い切って新しいイヤホンを新調しましょうとあいなりました。
音は全域で細かい表現ができるタイプ好きなのでそれに越したことはないんだけど、出音が所詮ウォークマンなので、
大体1万円前後のカナルイヤホンをチョイスすると丁度かなとおもい、そのクラスで物色。
(外耳軟骨ポケットが狭い人なのでカナルじゃないと耳が痛くなる為カナル耳栓型限定)

巷で人気のSHUREシリーズ → 音は確かにいいかもだけどイヤホンのガタイがデカ過ぎ
SONYの高級カナル型 → 現在半カナル型方式採用で音漏れひどいので論外

で、お店での視聴の結果、(うるさい店内でしかもハードロックで視聴なんて参考にしかならないので)音が元気目な二機種に絞る。
オーディオテクニカ ATH-CK7
AKG K324P

オーテクのCK7はアルミボディーのせいもあって他機種に比べて5gほど重く安定感あり。
やわらかいケーブルの採用もあって付け心地大変良好。
AKGのはとにかく元気あって高域(10KHz前後以上)がよく抜けて印象的。音の奥行きもかなりあり。

・・・えーいどっちも買っちゃえ。

で早速おうちでじっくり聴いてみると、予想はしていたけど第一印象と音まるで違う (汗)
AKG → 何だこのありえない誇張チューニングは・・・。(極端なドンシャリ。オーストリア人エンジニア恐るべし)
オーテク → 全体的には繊細だけどなんか中高域(2~4KHz?)がでしゃばりすぎでドラムスネアとかハットとか超不自然

ということで二~三日エージングをしてみる(個人的には付け心地の良いオーテクに期待)
・・・
三日後・・・
・・・
オーテクは全体的にやや丸く落ち着いてるけどドラムと女性ボーカルの不自然な感じがぜんぜん抜けない・・・
激変はなんとAKG!でしゃばりすぎの高域が絶妙に落ち着いて、表現の繊細さも今までのカナル型の中ではトップクラスに。

松田聖子のSweet Memoryが流れてきた(何で松田聖子・・・)
松田聖子ってこんな艶っぽい声してたのね(何で松田聖子・・・)

音の分離感に音場の広さもすごい。このサイズのドライバーにして。
やるジャンアーカーゲー。お気に入り決定です。

ただ外国産の共通の悩みはケーブルの柔軟性のなさ。動くと風きり音すごいです。
時間あったらちょっと改造しよっと。



audio-technica ダイナミックインナーイヤーヘッドホン ATH-CK7
/ オーディオテクニカ
スコア選択: ★★★


カナルタイプイヤフォン K324P CHROME
/ AKG
スコア選択: ★★★★

by calcal_ex | 2007-06-25 02:24 | Tools


<< わんこ      若葉の紅葉 >>